« スピードトレーナー完成 | トップページ | マウスレーサーの製作1 »

2011年2月 5日 (土)

マウスレーサー

スピードトレーナーが完成したので次回のエコパで計画しているマウスレースに使う機体の製作を始めました。
P1100191
ジンタンから図面とエンジンマウントを送ってもらいました。
P1100195
原寸に拡大してみました、1/2Aプロトスピード機とほぼ同じ大きさです。
P1100196
JINレーシングサービス・COX049用マウント。久しぶりのマウスレーサーの製作のためもったいないので今回は使用しませんでした。
P1100184
もう使うことがないと思って放置しておいたため錆がひどく全く動きませんでしたがCRC556を吹き付けていじっているうちに動くようになりました。プラグは使えそうもないので新品を探してみます。
P1100202
部品の切り出しがだいたい終わった状態。簡単な機体なのですぐに出来そうです。

◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Tojo_shop_5  ホームページ

BBS

Images_4   動画

◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

« スピードトレーナー完成 | トップページ | マウスレーサーの製作1 »

コメント

 コメント欄を全く見ていなかったもので、御礼が遅れてしまいました。ST19の情報ありがとうございます。溝でオイルを後ろへもって行くわけですね。ラジコンで飛ばしてますが、YS45のマフラーの出口にスリーブ入れて使っています。うるさい割にはパワーがない感じで・・・
 昔、これのマウントとロシアの15用のプロペラナットを作って頂きました。まだロシアの15は回っていませんが。

この方法はかなり有効ですのでぜひ試してみて下さい。
 ロシアの15はMDSでしょうか?私も数台テストしましたが15LAより非力でした。加工精度に問題があるようで良く回る物もありましたので当たりのエンジンだったらいいですね。

 確かそんな名前でした。ザラザラのボディーとパイプで、中はけっこうきれいな感じでいた。LAよりパワーがないと使い道は限られますね。20000rpm近くは回るでしょうが、うちの飛行場で飛ぶとなると問題多しです。パイロンの40もマフラー付きになったようですので、サブマフラー付きのパイプで飛ばそうかと思っています。

私のMDSは6インチのプロペラで17000rpmも回りませんでした。同じプロペラを使ってSS15は24000rpm以上回っていたので使うのを止めました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215951/50784468

この記事へのトラックバック一覧です: マウスレーサー:

« スピードトレーナー完成 | トップページ | マウスレーサーの製作1 »